埋没毛(埋れ毛)ができる原因と治し方から予防法まで

気づいたらできている埋没毛(埋れ毛)

ムダ毛を自己処理していると、どうしてもできてしまうのが、埋没毛(埋れ毛)。
無理矢理引っ張ったり、毛抜きで抜いたりして、傷が残ってしまったりすることも。
正しい処理方法でできにくく、できてしまったものは跡が残らないように処理しましょう。

埋没毛(埋れ毛)ができる理由

埋没毛(埋れ毛)は皮膚の中で毛が育ってしまうもの。乾燥や皮膚への刺激、間違ったムダ毛処理が原因で出来てしまうのです。
カミソリや毛抜き、脱毛テープなど、肌への刺激が強いものを使うと埋没毛(埋れ毛)ができやすくなってしまいます。
このような刺激の強いムダ毛処理を行う時、肌が乾燥して弱っている状態だと、更に埋没毛(埋れ毛)が出来やすく、カミソリを使う時に、毛の生えている方向と逆方向に剃る事も埋没毛(埋れ毛)が出来る原因になる事があります。

埋没毛(埋れ毛)の予防法

カミソリを使うなら電動の法が肌への負担が少なくてすみます。
肌のケアをして、乾燥していない状態でムダ毛処理を行うことで埋没毛(埋れ毛)の予防に繋がります。
肌が乾燥していると、肌のバリア機能が低下している状態なので、少しの刺激でも肌への負担が大きくなってしまいます。
肌を健康に保ってあげる事が大切です。

埋没毛(埋れ毛)の処理方法

null
埋没毛(埋れ毛)は基本的に、炎症などが起きていなければ放置していれば、自然に分解されていきます。
でも消えるまで相当時間がかかります。
肌の露出を控えて隠しておくのが一番ですが、ずっと隠しておくのは無理ですよね。

一番安心なのは、皮膚科やエステで処理してもらう方法。
でも埋没毛(埋れ毛)ができる度に皮膚科やエステへいくのは大変。
少しのリスクがあっても自分で処理したい!って思う人もたくさんいると思います。
あくまで自己責任で行ってくださいね。

  • クリームなどで保湿する
  • お風呂上りの肌が柔らかくなっている状態のときにクリームを塗ります。毎日保湿することで肌に潤いを保ち、ターンオーバーを正常にすることで、埋没毛(埋れ毛)を治していきます。
    また、お風呂上りは皮膚が柔らかくなっているので、クリームを塗ってるときに自然と埋没毛(埋れ毛)が皮膚の中から出てくることもあります。

  • スクラブで古い角質を除去
  • ボディスクラブで古い角質を除去して、埋没毛(埋れ毛)を皮膚の中から出す方法です。
    頻繁に使用したり、擦りすぎたりすると肌に刺激を与えてしまうので、週に1~2回程度で、やさしくマッサージするように使用するのがいいみたいです。
    スクラブは細かいほうが肌への負担が少ないので敏感肌や乾燥肌の人は細かいスクラブが入っているものから試してください。

  • ピーリング古い角質と一緒に除去
  • ビーリングを使うことで厚くなった角質を除去することができるので、埋没毛(埋れ毛)にも効果が期待できるようです。
    ただし、強制的に角質を除去している事になるので、これも使用頻度を守って使ってくださいね。

埋没毛(埋れ毛)はできないようにするのが一番!

できてしまうとやっかいな埋没毛(埋れ毛)。できないように日ごろから保湿をして、肌のターンオーバーを正常に保つことが大切ですね。ムダ毛の処理もなるべく肌への刺激が少ないものを選ぶようにして、処理した後はしっかりケアしてあげることで、埋没毛(埋れ毛)が出来にくい、健康的な肌を手に入れていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です